FAIL (the browser should render some flash content, not this).


- CDSホーム
TOPページ

 

- サービスご案内

コミュニケーションデータシステム株式会社が行っている事業内容をご紹介

 

- 会社概要

コミュニケーションデータシステム株式会社の概要です。


 

- CDSとは?

Communication Data Systemとはこんな会社です。



 

- お問い合わせ

弊社までのアクセス方法、お問い合わせについてはこちらから。







中国語翻訳事業



毎週1,200名の被験者に対してインターネット調査を行い、テレビCMで想起されるキーワードを 独自調査している「CMパワーナビ」。その中で、タレントが想起される率を「タレントインパクト指数」として ランキング化。この度、2015年の結果を発表いたしました。


CMパワーナビ2015年タレントランキンググランプリは柴咲コウに!
準グランプリ男性の部は福山雅治、女性の部はローラ!
CMパワーナビタレントランキングでは、“CMの中で、そのタレントがどれくらい存在感があったか”という 指標を独自に算出し、ランキングを出しています。今年の結果は以下の通り。CM思い出せますか?

特別賞(インパクト賞)は宮崎あおいに!

CMパワーナビでは毎週1,200名から「テレビCMで印象に残っていること」を自由に想起してもらい、 そのキーワードを収集しています。
1年間で想起されるテレビCM数(延べ数)は138,542CM。このうち、タレントが想起される数は71,928回、つまり、CMを思い出す際に、2回に1回タレントを想起しているのです!
今年の受賞者は、グランプリが柴咲コウ、出演数は少ないものの、ハーゲンダッツ、ソフラン(ライオン)で確実に想起された。準グランプリの福山雅治は定番に加え、TSUBAKI(資生堂)でのインパクトが高かった。ローラは、ジンビーム(サントリー)が定番のDMMを上回ったが、ユーキャンではやや低めの結果に。
特別賞の宮﨑あおいはクリア(ユニリーバ)においても健闘した結果となった。

◆2015年度CMパワーナビタレントランキング
受賞理由 タレント名 インパクト
指数(※)
グランプリ 年間で想起された回数が500回以上と多く、かつインパクト指数が最も高かったタレント。 柴咲コウ 70.2
準グランプリ
男性タレントの部
年間で想起された回数が500回以上と多く、かつインパクト指数がグランプリの次に高かった男性タレント。 福山雅治 56
準グランプリ
女性タレントの部
年間で想起された回数が500回以上と多く、かつインパクト指数がグランプリの次に高かった女性タレント。 ローラ 65.3
新人賞 年間で想起された回数が500回以上と多く、今年初めてもしくは過去4年間登場していないタレント。 該当者なし
特別賞
(インパクト賞)
年間で想起された回数は200回以上と多く無かったが、インパクト指数が高かったタレント。 宮﨑あおい 67.4
2014年12月29日~2016年1月3日で集計。スポーツ選手なども含む

※インパクト指数とは・・・期間中にそのタレントが想起されたCM素材の想起延べ数に対して、そのタレントが何回想起されたか? を計算したもの。
= 当該タレント想起件数 ÷ 当該タレント出演CM延べ想起数

CMパワーナビ2015年タレントランキング全結果はこちら



◆受賞者の広告主別での結果一覧
※当該タレントの想起数が年間50件以上を掲載

タレント名
広告主名 インパクト
指数(※)
タレント想起数
50件以上
グランプリ
柴咲コウ
ハーゲンダッツジャパン株式会社 75.4
ライオン株式会社 69.5
その他 (ロート製薬株式会社100%・Supercell株式会社45.4% 等)
準グランプリ (男性)
福山雅治
住友ゴム工業株式会社 82.3
株式会社資生堂 77.4
アサヒビール株式会社69.4
キユーピー株式会社68.4
トヨタ自動車株式会社28.6
その他 (株式会社ジェーシービー89.3% 等)
準グランプリ (女性)
ローラ
サントリービジネスエキスパート株式会社 90.4
株式会社デジタルメディアマート79.9
株式会社ユーキャン48.5
その他 (株式会社吉野家ディー・アンド・シー7.1%・株式会社第一興商96.2%・株式会社コーセー100%・TBCグループ株式会社87% 等)
特別賞 (インパクト賞)
宮﨑あおい
株式会社クロスカンパニー 84.9
ユニリーバ・ジャパン株式会社74.8
その他 (オリンパスプロマーケティング株式会社61.7%・カゴメ株式会社81.8%・ロート製薬株式会社95.2% 等)
2014年12月29日~2016年1月3日で集計。スポーツ選手なども含む

※インパクト指数とは・・・期間中にそのタレントが想起されたCM素材の想起延べ数に対して、そのタレントが何回想起されたか? を計算したもの。
= 当該タレント想起件数 ÷ 当該タレント出演CM延べ想起数
【2015年CMパワーナビタレントランキング】
(参考)想起CMのべ数:138,542
想起されたタレント人数:920名
集計期間:2014年12月29日~2016年1月3日

順位 タレント名 インパクト
指数
1柴咲コウ70.2%
2ローラ65.3%
3福山雅治56.0%
4柳葉敏郎53.1%
5石原さとみ51.3%
6檀れい50.2%
7綾瀬はるか50.2%
8中居正広49.8%
9タモリ43.5%
10トミー・リー・ジョーンズ40.6%
11矢沢永吉38.5%
12新垣結衣36.3%
13妻夫木聡32.5%
14堤真一22.6%
15AKB4822.4%
16松岡修造22.3%
17マツコ・デラックス21.1%
18香取慎吾19.9%
19木村拓哉19.7%
20山口智充17.3%
21櫻井翔16.3%
22上戸彩15.8%
23西島秀俊15.5%
24広瀬すず15.4%
25山田孝之15.1%
26小泉今日子13.8%
27岡田准一13.6%
28堺雅人9.1%
29有村架純5.6%
30松田翔太4.2%
31樋口可南子4.2%
 
 
CDSホーム サービスご案内会社概要CDSとは?お問い合わせ

2007 © Copyright Communication DataSystem. All rights reserved.